最新 追記

hinaiji.com

刺激と癒しを求めて徘徊する日常、あるいは自分と世界との関わり

今まで(2004/11〜)読んだ本はこちら⇒ヒナイジの本棚

2002|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|

Categories | Linux | Subversion | たべもの | エンベデッドシステム | ダイエット | 花粉 | | 試験 | 自転車 | 読書


2002/01/20(Sun) とりあえず、はじめ。

(1)森 博嗣 「捩れ屋敷の利鈍」 講談社

―彼女は大きな瞳を一度瞬いた。その効果を彼女は知っているだろうか。


2002/01/21(Mon)

(2)夏目 漱石 「こゝろ」 角川文庫

―私は今でも堅く信じているのです。本当の愛は宗教心とそう違ったものでないということを堅く信じているのです。


2002/01/22(Tue) 全部こっちに移そうかなぁ。

(3)色摩 力夫 「国際連合という神話」 PHP新書

―外様大名の矜持を持って、国連にはつかず離れず、つねに批判的態度を堅持しながら、国際平和に貢献したほうが筋が通ると心得るべきだろう。


2002/01/24(Thu)

(4)坂村 健 「情報文明の日本モデル」 PHP新書

―日本はゼロからつくればいい。ゼロから作るのだったら、もっと小さいものをつくったほうがいい。

(5)稲垣 武 「新聞・テレビはどこまで病んでいるか」 小学館文庫

―自分の頭で判断せず、愛読している新聞に判断を委ねてきたような、だらけた脳味噌では激動の21世紀を生きていけなくなる。


2002/01/27(Sun)

(6)清水 勤 「議論に絶対負けない会話術」 日文新書

―感情(ココロ)に支えられない理屈は人を動かすことができない


この日記のRSS
copyright (c) 2000-2006 hinaiji.com. All Rights Reserved.