最新 追記

hinaiji.com

刺激と癒しを求めて徘徊する日常、あるいは自分と世界との関わり

今まで(2004/11〜)読んだ本はこちら⇒ヒナイジの本棚

2002|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|

Categories | Linux | Subversion | たべもの | エンベデッドシステム | ダイエット | 花粉 | | 試験 | 自転車 | 読書


2002/03/04(Mon) リハビリ。

(11)斉藤 孝 「『できる人』はどこがちがうのか」 ちくま新書

―上手に疲れることができれば、上手に眠ることができる。上手に眠ることができれば、上手く起きることができる。


2002/03/21(Thu) たまってる本を片付けなければ。

(12) 福田 和也 「悪の恋愛術」 講談社現代新書

―一人でこの世に生まれ、一人で死んでいく存在なのです。望んだわけでもないのにこの世に放り出されて、何の当てもなく生き、死んでいく存在なのです。その点において、結局人間とは孤独です。

(13) アーサー・C・クラーク 「2001年宇宙の旅」 ハヤカワ文庫

―“デイジー、デイジー、答えておくれ。気が狂いそうなほど、きみが好き”


2002/03/23(Sat)

(14) 金原 克範 「<子>のつく名前の女の子は頭がいい」 洋泉社

―僕がこの本で主張しているのは「<子>のつく名前の女の子は頭がいい」ということではないのだ。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

# Nana [その本は読んでいませんが、 どういうのが「頭がいい」っていうのでしょうね? 私はそれが知りたいです。 もちろん私の名..]

# Quixel [本の中では「問題を起こさない」というイメージで捉えられていると思います。]


2002/03/26(Tue)

(15) 松井 茂 「世界軍事学講座」 新潮文庫

―国際情勢を真に理解するには、軍事・安全保障分野での本質的洞察が欠かせない。


2002/03/29(Fri)

(16) 和田 秀樹 「<自己愛>と<依存>の精神分析 コフート心理学入門」 PHP新書

―じょうずに依存できるというのも一つの能力なのです。それはむしろ、人間としては成長なんだとコフートは考えているのです。


2002/03/31(Sun) 17冊か…。

(17) 江畑 謙介 「最新・アメリカの軍事力」 講談社現代新書

―アフガニスタン作戦で世界は改めて米国の軍事力が、他のいかなる国も追いつけないほど進んでしまった事実を思い知らされた。


この日記のRSS
copyright (c) 2000-2006 hinaiji.com. All Rights Reserved.